実はみんながもってる歯の悩み・どんなケアをしてみたい?

歯医者さんといえば虫歯や歯周病などを治してもらうところ、というのが一般的なイメージかもしれません。ですが実はそれだけではなく、もう一歩進んで虫歯の予防や見た目のケアなどもすることができるというのをご存知でしょうか。歯医者さんでできるワンランク上の歯のケア、もし受けるとしたらどんなケアを希望するのかアンケートを取って調べてみました。

実はみんながもってる歯の悩み・どんなケアをしてみたい?

【質問】
自分の歯のケアで一番興味があるのはなんですか?


【回答数】
歯並びを良くする:22
歯を白くする:45
歯石を取る:33
歯の大きさを小さくする:0

清潔な印象を与える「白い歯」に憧れる人が多数

アンケートの結果、最も回答数が多かったのは「歯を白くする」で、45パーセントの人が答えています。
・歯の色が汚いと第一印象も悪くなると思うからです。なるべく白い歯の方が清潔感があって良いと思います。(30代/女性/専業主婦(主夫))
・笑ったときにみえた歯が黄色いと恥ずかしいからです。色白なので、黄色い歯は目立つからです。(40代/女性/パート・アルバイト)
・前歯が大きくて目立つ上に、子供のころから歯が黄ばんでいることが気になっているので歯を白くしたいと思っているため。(30代/女性/正社員)
・笑うと歯の白さは歯並び以上に目立つし、清潔感にも繋がると思うから。(20代/女性/正社員)
笑ったときに口元から白い歯がこぼれると、とても清潔感のある印象を与えますね。反対に、歯が黄ばんでいたりするとなんとなく笑顔まで輝きを失って見えることがあるかもしれません。歯の白さはまさに清潔感そのものであり、その人のイメージにも直結する大切なものです。そういう意味ではむしろ歯並び以上に目立つように感じるという意見があるのもうなずけます。どんなに丁寧に歯磨きをして汚れを落としても黄ばみがとれないと悩んでいる人にとっては、歯医者さんのケアは大いに気になるところでしょう。

歯石や歯並びは健康への影響も気になるところ

2番目に多かった意見は「歯石を取る」で33パーセント、次が「歯並びを良くする」で22パーセントとなっています。
・歯石は虫歯や口臭の原因であるため。いつまでも自分の歯を維持するためにも、歯石を取ることに興味を持ちます。(50代/男性/正社員)
・歯石を取ることが歯の健康維持につながると歯医者にいわれたことがあるので。(40代/男性/個人事業主)
・小さいころから歯並びが良くないのがコンプレックスでいつか矯正したいと思っているから。(20代/女性/無職)
・歯並びは体の他の部分にも影響があるとか、食事や動作に影響があると聞いたことがあるので。(40代/女性/専業主婦(主夫))
歯医者さんで虫歯の治療をした後、歯石をごっそり取られた経験のある人も多いのではないでしょうか。歯石は放置すると虫歯や歯周病を引き起こすため、特に40代、50代ともなってくると、年を取ってもできるだけ自分の歯を残したいという思いから歯石取りに興味を持つ人が多くなってくるようです。歯並びも、噛み合わせの悪さから体への様々な影響が出そうなのが気になるところです。また、歯石は口臭の原因になり歯並びは見た目が気になるなど、心理的なコンプレックスにもつながるのが見逃せない点といえます。

健康を守り見た目を良くするプロのケアで悩みを解消!

アンケートでは見た目重視の「歯を白くする」という意見が最も多いという結果になりました。3番目となった「歯並びを良くする」でも見た目を気にする意見が出ており、歯を美しくするケアに興味を持つ人が多いことが見て取れます。歯や歯並びを美しくすること、歯石を取ることはお口の健康に役立つのはもちろん、心理的な面でも大きな効果がありそうです。自分では難しいこうしたケアこそ、プロの技術に頼りたいところです。気になっている人は一度信頼できる歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。