お口のエチケットにこだわりあり!歯磨き粉を選ぶポイントは?

清潔感ある身だしなみは人の印象に大きく影響しますよね。衣服や髪形など、自分でチェックできるものはいいのですが、うっかり見落としがちなのはお口の中のことではないでしょうか。黄ばんだ歯や思わず顔をしかめてしまうようなきつい口臭は、その人のイメージをダウンさせてしまうもの。

そこで今回のアンケートでは、どのような点を重要視して歯磨き粉を購入しているのか調査を行いました。

お口のエチケットにこだわりあり!歯磨き粉を選ぶポイントは?

【質問】

歯磨き粉を選ぶ基準はなんですか?

 

 

【回答数】

ニオイがさわやかかどうか:27

有名な企業が出しているかどうか:19

口臭予防の作用があるかどうか:31

値段が安いかどうか:23

 

自分では気づきにくい口臭を防ぐ歯磨き粉がトップ

 

アンケートの結果、口臭予防作用の有無で選ぶというのが最も多い結果となりました。

・口臭が予防できて菌の抑制を抑えることが歯磨き粉の目的だと思う(20代/男性/正社員)

・人と接する機会が多いので、口臭が酷いと相手に失礼にあたると考えています。また、口臭に意識が行き、自らの話を聞いてもらえないといったことを避けたいからです。(20代/女性/学生)

・加齢と共に気になることの一つに「ニオイ」があります。その一つに口臭は気にかけていることの一つです。口臭予防を意識して選んでいると、普段気になるキーワード「汚れ」「歯周病や歯肉炎」などへの効果が案外含まれていたので、歯磨き粉を選ぶ基準は口臭予防となりました。(50代/女性/パート・アルバイト)

自分の口臭が気になる人はとても多いようです。また加齢臭という言葉があるように、年齢があがるにつれ、対人面においてニオイを心配する人もいます。人と接するうえで口臭の対策をするということはマナーとして重要だと考えられているのでしょう。逆に言えば、自分の口臭だけでなく、他人の口臭に対する見方も厳しいと言えるのかもしれません。

 

自分に合わせたい!好きなニオイや無理なく使える価格も大切

 

アンケートの結果、「ニオイがさわやかかどうか」が次点、その後に「価格が安いかどうか」が続く結果となりました。

・以前ミント系以外の歯みがき粉を使ったら違和感が半端なくて、すぐ吐き出した(40代/男性/正社員)

・独特なニオイがするものは苦手なので、気持ちよく使えるニオイかどうかを重視して購入しています。(40代/女性/無職)

・どの歯磨き粉も同じような内容で売り出ししているので一番価格が安いものを選んでいます。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・いくら品質が良くても高いと使い続けることができないから。歯磨き粉に頼らずきれいに磨くことで歯の健康が保たれると考えているから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

歯磨きは自分の身体や気分に直接影響を及ぼす分、自分に適したものを選ぶという人も。使い心地が悪いと歯磨き自体がいい加減になってしまう可能性もあり、それでは逆効果になりかねません。また歯磨き粉のもつ効果よりも継続的に行うブラッシングが重要と考える人は、結果的に価格が選ぶポイントになってしまうと考えられます。

 

自分にとっても相手にとってもニオイは重要

 

口臭対策のできる歯磨き粉がいちばん多く選ばれていましたが、さわやかなニオイの歯磨き粉も合わせると、ニオイを重要視して選ぶ人が5割を超えています。ニオイはそれだけ人に不快感を与えかねないということなのでしょう。特に相手に対してのマナーであるという考えが浸透しているため、自分よりも相手を気遣う口臭予防が最も多い結果となっているようです。

歯磨き粉の成分に差異を感じないという考え方もあり、磨く行為自体や安価な価格に注目している人も少なくありません。

自分の口の悩みや生活とうまくマッチした歯磨き粉を選ぶことが大切なのかもしれませんね。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年07月12日~2018年07月26日
■有効回答数:100サンプル