虫歯の治療方法と進行度合いってどんなものがある?

虫歯かもしれない、という症状があれば、出来るだけ早く歯科医院を受診するのがベスト。虫歯の症状にはレベルがあり、進行の度合いによって治療期間や治療費などが変わってきます。今回は、虫歯のレベルに合わせた治療方法と費用などについてご紹介していきます。

虫歯の治療の種類とは?

虫歯の治療では、症状のレベルに応じて適した方法が選択されます。例えば、ごく初期の虫歯の場合は、歯を削らずに表面にフッ素を塗って、様子を見る場合があります。フッ素には、歯を強くする作用やダメージを受けた部分を再石灰化する作用、虫歯菌の影響を防ぐ作用などがあり、小さな虫歯であれば治癒する可能性が。やや進行している虫歯の時には、削って詰め物をする治療が選択されます。削って詰め物をする場合、虫歯の状態によっては神経を抜くこともあるでしょう。また、虫歯が神経の奥まで達している時には、神経を抜いて歯の根っこの治療をする必要が出てきます。このような治療をした後には、被せ物をするのが一般的です。重症の虫歯に関しては、歯を抜いて入れ歯にする治療も適用されます。

虫歯治療の金額はどう決まるの?

虫歯の治療費は、概して症状のレベルが上がるほど高くなります。初期の虫歯でフッ素を塗るだけで済む場合は、治療費は3割負担の方で1,500円から3,000円前後です。歯を削り詰め物をする必要が出てくると、少し費用が上がり、2,000円から10,000万円前後かかります。ちなみに、歯を削って神経の治療をし、詰め物をする場合の治療費は、大体4,000円から15,000円ほど。虫歯が大きく広範囲を削らなければならない時には、詰め物ではなく被せ物や差し歯になることもあります。このような時には、詰め物で治療するよりも費用が上がる傾向があり、治療費は7,000円から30,000円前後かかることも。歯を抜く治療をする場合も、7,000円から30,000円前後の費用は考えておく必要があるでしょう。被せ物や差し歯、入れ歯などは、素材によって費用が変わることが多く、その方の選択によっても治療費に差が出てきます。

今ではこんな治療方法もある!

新しい虫歯の治療では、かなり進行した状態でも歯を抜かずに済む場合があります。例えば、ヒールオゾン法などは、重症な虫歯にも適用されています。虫歯の部分をオゾンで殺菌して、組織の再生を促すのがこの治療法です。また、治療中の痛みを抑える方法として注目されているのが、3Mix法やドッグベストセメント治療など。このような治療では、殺菌効果のある薬や鉄イオン、銅イオンなどを用いて虫歯菌を殺すのが特徴になっています。3Mix-MP法やドッグベストセメント治療を選ぶと、神経を抜かずに済む場合もあり、治療中の痛みを軽減することが出来ます。歯を出来るだけ削らない治療としては、カリソルブなども挙げられるでしょう。カリソルブは、特殊な液剤を患部に塗り、柔らかくなった虫歯の組織を取り除く方法です。削らずに虫歯の部分を除去出来るのが、この治療法のメリットになっています。

今の自分の状態に合わせて最適な治療を心がけよう

最適な虫歯の治療は、その方の状態によって異なります。どのような治療法が良いかは、実際に歯科医院で診察を受けてみないと分からないのが本当のところです。まずは、虫歯がどの程度進行しているかをチェックしてもらう必要があります。歯に違和感を覚えたら、速やかに歯科医院を訪れて専門の歯科医師からアドバイスを受けましょう。